カテゴリ:*United Kingdam( 18 )

お久しぶりです。
実は今月の前半は、とある手術のために計画入院していました。
パソコンは病院にも持っていっていましたが、ネットへの接続が出来なかったため、
ブログからは遠ざかっていました。。。
今は無事に退院し、自宅療養に入っています。
体は元気なのですが、今までどおりに動こうとするとうまくいかないことも多く、
本当の意味での日常生活を取り戻すには、少しリハビリが必要です。
どこかに旅に出るのももう少し落ち着いてから、です。

今日は、ロンドンの名所の写真とともに夏のイギリス旅を締めくくりたいと思います。
8月にいってきたロンドン、、、ここまで引っ張ることになろうとは、自分でも驚き。
しかも、ベルギーについては書きたかったのに書いていなかったこともあって、
あといくつか記事を残しておきたいと思っています笑

ロンドンの締めくくりは、どこに言ったとか何を食べたとかではなく、
9年ぶり?くらいでロンドンに行ってみた感想を。
b0313049_1858174.jpg

b0313049_18583032.jpg

b0313049_1858576.jpg

b0313049_18591582.jpg

b0313049_18593064.jpg

今回は、父の仕事の手伝いだったので、特別行きたいと思っていったわけではなかったです。
さらには、仕事の手伝いのほか、父の添乗員のようなこともしなければならず、
これまで経験した海外旅行とは一味もふた味も違うものになりました。
これまでのロンドンの印象はその後訪れたEU各国と比較すると薄いもので、
それでもナショナルギャラリーやV&Aなどの美術館ではもう一度観たいものもあり、
行く機会があれば、との気持ちはもちろんありましたが、
こういう機会がなければ、こんなに早く再訪することはなかったと思います。
食いしん坊なわたしにとっては「美味しくない」経験とイメージも積極性を欠く大きな要因です笑

夏にロンドンを訪れる前に、ちょうど旅行雑誌などでロンドンブームがあり、
食文化に大きな変化があったことや新しい見所がたくさん紹介されていました。
それを眺めながら、美味しくないイメージの脱却が再訪のひとつの目標になりました。
これまで、いろいろと紹介したように美味しくないイメージは完全に払拭され、
その面では完全に目標が達成されました。

また、ロンドンの街並みは新しいものと古いものがうまく融合していて、とても刺激的でした。
街並みを形成する上で重要な要素のなかで日本との大きな違いは、古い建物の高さ。
各階の天井高や全体の階数が古くても高いことで、現代の建物との調和がとりやすいし、
日本みたいに街中を高層にしなくても、現代の経済との兼ね合いが取れている。
日本の、特に東京は、古い建物のキャパシティでは足りないことで残らないものも多い。
そういう状況や古い建物の持つ特性などに触れただけで、解決策には至らないけれど、
いいものが残っている理由や残ってきた敬意のなかでのひとつの要因に思い巡らせました。

イタリアやスペインに2~3回訪れているように、
すごく好きな場所に繰り返し行きたくなる性分だし、自分に合う場所はとても大切です。
けれども、そうでない場所も改めて訪れると新たな良さが発見される。
そういう、当たり前だけど自分の選択ではぶつからない側面に触れることが出来たことが、
今回のロンドン再訪で得た一番大きなものだと思いました。

トランジットも含めて、地に足をつけた国が20カ国、訪れたのは18カ国。
どこどこより、どこどこが好きだとか、いろいろ言える贅沢を感じながら、
特別でない場所でも、世界の各都市はどこも素敵だということを実感しに、
これからも旅をし続けたいと思います。

今年の年末は、本当はパリのつもりだったのだけど、
今回の手術と療養を決めたことであきらめました。
けれども、手術のおかげで今後の健康上の不安が軽減されたので、
これからも自由に、活発にお出かけしたいと思います☆
年内はほとんどお出かけしないので、これまでのお出かけについての話が続きますが、
少しずつブログも復活したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

sherry


Londonに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_22343584.jpg

前回のロンドンでは時間が足りずにいけなかった念願のV&Aへ。
地下鉄の駅から直接アプローチしたのですが、
この看板がとても素敵でした。
回転して、タイミングによってどちら側から見ても「V&A」になるという。
b0313049_22384484.jpg

近代のデザインや、
b0313049_22391414.jpg

ラファエロルーム、舞台美術の展示、ウエディングドレスの特別展・・・・・・
いろいろと、つまみぐいな感じはありましたが、楽しみました。
b0313049_22415079.jpg

全部見終わるには、かなりの時間が必要なので、見たいものを的を絞って・・・・・・
最後にエントランスを拝んでさようなら、V&A
b0313049_22432675.jpg

ルーヴルもナショナルギャラリーも、
ここ、V&Aも満足に観たいってなったら、
世界中の街に一年ごとに移り住むくらいじゃないと回りきれないんじゃなかろうか。
芸術への欲求は尽きることがない、もとい、
芸術作品は増え続けるし、守られ続けているし、
観るべきものが尽きることがない、というのはとても素敵なことですね。

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_9252498.jpg

タワーブリッジの南西のほうをふらふら。
複雑に動いていたから、ちょっと目的地とかは忘れたという。。。
ロンドンの地下鉄は、わたしの行きたい場所は全然つないでくれていなくて、
これ、本当に便利なの!?って勝手に思ってました笑
b0313049_928741.jpg

そこで見つけたオーガニックっぽさを売りにするファストフード。
玄米とか使ってて、なんとなく全体的に身体によさそうな書かれ方だった。
空港にあったのが気になっていて、入ってみることに。
b0313049_9302429.jpg

パッケージもお洒落!!!
b0313049_9304320.jpg

ボックスランチはモロカンミートボールライス。
スパイスの効いたソースが美味しい。こういう味好き。
b0313049_931846.jpg

あとハンバーガー。これも何か特別な名前だったけど忘れました><
これは、まぁ、こんなものよねという感じで絶品でもないけれど、
よくあるファストフードみたいに添加物で美味しくしているとか、
味が濃いとかしょっぱいとかはなくて、好感の持てる味わい。
総括的に(?)日本に入ってきてくれたら嬉しいジャンルのお店でした~!
なんだか、ふらふら適当にしていても、楽しく美味しく?
やー、ロンドンのイメージが大きく変わりました。
でもでも、8月の旅の記事、いつまで続くんだろう??
でも、それだけ濃厚なロンドンでした~!

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_1601914.jpg

ロンドンを一人ふらふらとしていて、
小腹が空いたころ、とっても気になるブーランジェリーに出会いました。
b0313049_161171.jpg

購入したのはイチゴの入ったパリブレスト。
b0313049_164177.jpg

コヴェントガーデンのテーブルでハンバーガーのようにいただきます♪
これがものすごくおいしかった!!コーヒーもね、おいしかったです!
イチゴは爽やかだし、甘すぎないし、パリッとしてるし、
減った小腹とちょっと歩き疲れた体にしみるおいしさ!!!(大げさ?)
さんざんブログで「ロンドンのおいしくないイメージ」を書き続けていますが、
これはかなりのヒットで、徐々にイメージがいい方向へ進むのを助けてくれた一品。
あの、ベーカリーの店舗の写真を撮らなかったことが悔やまれます。
ちなみに、コヴェントガーデンの東側のファサードの中央付近に直行している路地、
コヴェントガーデンから向かって左側にあるお店です。
ロンドンに行くなら再訪して、いろいろ買いたいから自分のためにもメモメモ!
そして、ブログ書きながらグーグルマップ確認してみたらお店のHPを発見!!
HPをクリックすると飛びます~!有名なお店かしら??ご存知の方は教えてください~!
b0313049_16101946.jpg

コヴェントガーデンもおしゃれだし、
b0313049_1610402.jpg

フードコート?みたいな場所で作ってたパエリアもおいしそうでした!
この周辺は美術館の見学後に訪れて、お土産などを買いながらふらふらしていました。
ショッピングには最適で、路地裏はおしゃれなお洋服があふれていて目に毒でした(笑)

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_7462734.jpg

b0313049_7463815.jpg

ルイス・カーン展を観にデザインミュージアムへ。
これはロンドン滞在の中で一番の満足度だったかもしれない。
アメリカ人建築家で近代の巨匠の一人に数えられるルイス・カーンの、
人となりも、建築も、思想も、丁寧に表現されていた展示でした。
アメリカに、彼の建築めぐりに行きたくなっちゃうくらい、影響されました。
彼の旅とそのスケッチもあったのですが、
自分の旅好きは、建築家の影響を大きく受けているなと。
わたしみたいな無計画さはたぶんなかったと思うけれど、
ふらりと、軽く、巡るところが、似ているし、
ル・コルビュジエもそうだったように、
旅先で観たものが作品に生かされているところとか、
そういうことに、そういう人たちに影響されて自由な度のスタイルになった気がします。
迷うなら、行け! みたいな笑
旅だけじゃなく、何事にも挑戦する姿勢とか、チャレンジに対してのハードルの低さとかは、
とても大事なことだなと改めて思う今日この頃。
b0313049_7563050.jpg

展示の満足感に包まれて、タワーブリッジを望む。
この日は、このあと晴れたのですが、途中まではどんより曇り空。
b0313049_80184.jpg

デザインミュージアムの裏通りはとても素敵でした。
帰国後にアナザースカイでここを香川照之が歩いていて、
やっぱりいいなと思いました。
なんだかまとまりがなくなりましたが、
この展示の会期中だったことはとても幸せなことでした~!

イギリスに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_21142782.jpg

お洒落なロンドンの街並みの中に、昇龍の文字が。
といっても、「SHORYU」の表記押しですが。
こちらのお店は、記事の表題どおり、とんこつラーメンのお店!!
b0313049_21165569.jpg

b0313049_2117850.jpg

出前もするみたいだし、メニューもローマ字表記?日本語が溢れています。
でも、値段に恐怖を覚えます。ポンドは日本円換算してはいけません!
注文はまぁ、スタンダードなものを。
b0313049_21252027.jpg

紙のカップで出てきたーーー!!!
なんということだ!!!
日本より高いのに、日本よりちゃっちい!!笑
で、お味は???
ふつう~!
日本の普通です。
つまり、ロンドン的には、おいしい~!!!
海外のお食事に飽きてきてたとこだったので、
とっても美味しくいただきました。
邪道っぽい、こういうお食事もゆったり滞在にはありですね~!!

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_2049697.jpg

旅は最後がちょっと辛かっただけで、内容はよかったんですよ(笑)
今日は、ヒースロー空港に程近い、滞在していたパークインホテルのディナーをご紹介します。
b0313049_2051964.jpg

イギリスの食事は期待できないということで、
もともと全く期待していなかったホテルのディナー。
b0313049_2052512.jpg

この日はコメディアンのショーを見ながら、楽しく多国籍なテーブルを囲みました。
最初の一皿目は、お肉と杏のドライフルーツが層になった前菜。
これ、かなり美味しくて、感動!
杏の食感とやわらかいお肉の組合せももちろん、
ドライフルーツの甘さがうまく合わさっていて・・・・・・
こんな繊細な(?)お料理をイギリスでいただけるとは!!と笑
ディナーショーは、突然客席でおじさんが歌いだし、ステージに上がりました。
人形を使っての掛け合いや、漫談(?)は英語が完璧にわかったとはいえないけれど、
それでもわかりやすい表現も多く、ちゃんと楽しめるものでした。
b0313049_2057037.jpg

メインはとっても肉肉しくて、ポテトのグラタン状のものも重たくて、
全部いただくことは出来ませんでしたが、これも結構おいしかったです。
前菜の味わいの感動が一番大きかったけれど、
もともとのイギリスのイメージからするとかなりグレードの高いお食事。
前回のロンドン滞在は、あまり食の面でいい思い出がなかったので、
いい方向にイメージが変わったのは本当によかったです~!
このあと、デザートのアップルパイがあったのですが、
撮影しそびれた……というか、出てくるのがすごく遅くて、
力尽きたわたしは途中だったけれど部屋に戻って休んでしまったんです><
この日のテーブルはアメリカ人のカップルが一緒で、
たくさん話しかけてくれたのは嬉しかったのですが、質問攻撃だったのもあり、
久しぶりに英語を話すわたしはそのペースについていけず、疲れきってしまったんです(苦笑)
父は全く英語を話さないので、わたしが同時通訳のようなことにチャレンジしていて・・・
でも、そんなスキルがないから大変だったんですよね。。。
スマホの通訳機能も使ったりしたけれど、会話のペースが乱れるし、
身振り手振りで伝えるほうが伝わったり?
使わざるを得ない状況はスキルアップにはちょうどよかったですが、
慣れるまでがすごく大変でした~><><><
英語の勉強から、完全に離れてはいけないということを学びました。
・・・あ、ディナーの話も大変だった話しで終わってしまった!
けど、楽しかったは楽しかったんですよ~!!

イギリスに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_1619261.jpg

スタジオツアーで最も感動したのは、、、
登場人物になったような気持ちになれたダイアゴン横丁!
ではなくて、
b0313049_16212345.jpg

たくさんの図面にわくわくした空間の先にあった・・・!
b0313049_1622026.jpg

b0313049_16221416.jpg

撮影にも使われた模型です。
これ、本当に精巧に作られていて、
覗き込んだらハリーがいるんじゃないかと思うくらい!!!
b0313049_16234743.jpg

柵と一緒に写っていると大きさが伝わりますかね??
1/20くらいだったのかな?
本当に本物のようで、とにかく、感動しました。
ライティングが昼から夜へと順々に代わっていって、
それもまた幻想的です。

ココまで来ると夢見心地のまま、ツアー終了です。
b0313049_16261524.jpg

ぎりぎりまで楽しんだから、バタバタとバスに乗り込みました。
この日のお天気もまた、何か物語の中にいるようですね。
にわかファンだったのに、驚くほど楽しんじゃったスタジオツアーはこれで終了です!
ロンドンの記事もまだまだあるけれど、日本の事でも書きたいことがたくさん~!
気ままに更新していくので、お付き合いください~!!

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_15423569.jpg

b0313049_15424938.jpg

b0313049_1543109.jpg

b0313049_15433860.jpg

ハリー・ポッターのパッケージやペーパーのデザイン。
それだけが展示されているコーナーも。
ココがたまらなくわたしのハートを掴みました!
遠めで観ても、近づいてもかわいい!!!
こんなポップさが自分にないので、余計に心惹かれるのかもしれません。

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]
b0313049_11482065.jpg

b0313049_11483253.jpg

b0313049_11484427.jpg

ここからは、それぞれのセットが展示されています。
談話室や校長先生の部屋は馴染みの深いもの。
校長先生の部屋には入ることが出来るので、感慨深いです(にわかファンのくせにw)
b0313049_11501237.jpg

ほうきは職人さんが実演を!
ほうきもその辺で売っているものではないんですね~。当たり前?
いろんな人の協力があって、完璧な世界観が出来ていたことがわかります。
b0313049_11515357.jpg

そして、グリーンバックの撮影手法について。
これは、体験もできるんです!!
ほうきにまたがり、映像に合わせて演じて来ましたww
DVDも購入してきまして……観た人の反応は、「表情が硬い」
女優にはなれなかったです><笑
b0313049_11534248.jpg

b0313049_11535896.jpg

展示はいったん外へ!
b0313049_11541756.jpg

噂のバタービール!あまーい!おいしいー、かな?笑
でも、ここに来たら飲まないとね!

まだまだ続くよ、ハリポタワールド!

ロンドンに行きたくなっちゃったら、ぽち!!
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!!
[PR]